目整形-手術内容について

《二重全切開手術》—————————————————
◆脱脂について
わたしは元々まぶたが皮だけ!てくらい薄く脂肪がほとんどなかったので、希望もしていませんし先生も「不要」とおっしゃっていました。

◆皮膚切除について
まぶたのたるみはあったので、皮膚切除はした方がいいかな?と自分的には思っていましたが、術前のカウンセリング時から先生からはしないとの回答でした。

わたしが受けた医院の先生は、余計な脱脂や皮膚切除はしない方針の先生です。

 

◆何mmなどのデザインについて
こちらはわかりません
先生とはまぶたに実際に針金を当て、「このぐらい?」「これはどう?」などとお話しをしました。術後のいまは腫れているので参考にならないかもしれませんが、まつげの生え際から大体7~8mmのところに切開線があります。

◆中糸について
わたしは、中糸は残さない術式です。

※全切開手術には、2点留め、3点留めなどと中糸を残す術式と、そもそも中糸を残さない術式があるようです。中糸を残す術式は、全切開をしたあと、まぶたの中の組織同士を縫い、その糸はずっと残り続けるということです。つまり埋没法と同じデメリットがあるかもしれません。(素人なので違っていたらごめんなさい。)
多くのクリニックでは、この「中糸を残す術式」を行っているらしく、「中糸を残さない」術式ができる先生は少ないそうです。

 

《目頭切開手術》—————————————————
◆術式
Z法でおこないました。
目を大きくしたいのは山々でしたが、わたしの顔の場合、目頭をあまり切ると目が寄ってしまうため控えめにできるZ法にしました。先生には「目が近づきすぎない程度に、目の横幅を大きくしてほしい」とお願いしました。できるだけ控えめに、最小限にしてほしいと何度も念を押しました。術後聞いたら、「2mmくらい切った」と先生はおっしゃっていました。
※「2mmずつ近づけた」という意味なのか、「2mmずつ切開した」という意味なのか不明です・・w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。