失敗しない医者選びの極意

いまさらですが、医者選びについてです。
あまり具体的に書いた気がしないので、書いて見ました

我ながらマシンガントークばりに語ります(笑)
読みづらいと思いますが・・御容赦くださいw

【1】チェーン店的なところは選ばない

S南とかそういうところです。有名で安くお手軽ですが、それで選んで失敗しても自業自得です。

ではお手軽がなぜいけないのか?という話ですが。

経験豊富な優秀な執刀医がいて、その医者が責任感を持って、アフターフォローもきちんとされるのであれば問題ないと思うのです。ひとつひとつ言及していきます。

 

①経験豊富か

チェーン店は、CMなどの広告で作り上げる集客力によってたしかに症例数は稼げるかもしれません。しかし、昨日まで内科医だった医者が、今日マニュアルを見ながら注射しているようなところ怖いですよね。極論ですけどね。

②優秀か

美容整形の優秀さは私は2軸あると思っています。

1.形成外科学を大学で学び、かつ病院の形成外科で勤務経験を積んだか。
2.美的センスがあるか、自分と合うか

1.形成外科学を大学で学び、かつ病院の形成外科で勤務経験を積んだか。

チェーン店で働く医師の経歴を必ず調べてみましょう。

形成外科出身でない方が多く在籍されていると思います。形成外科は交通事故や先天的な病気などで身体・顔のパーツを失った人や形が壊れてしまった人を外科的に元に戻す医学です。これは美容外科学のベースとなる医学で、これを学んでいるかどうかが自分の顔にメスを入れることを任せられるかどうかだと私は思います。

形成外科医は顔なら、筋肉や神経、軟骨、そして表面の皮膚についてなどすべての項目について深く専門的に学んでいる人たちです。だから綺麗な皮膚の接合ができるのだと思っています。

チェーン店で働く医師の出身は、麻酔科など全然関係ないところだったりします。同じ「医者」という大きいくくりの下で美容整形のメスを取っているのです。私はそんな医者に自分の顔を任せられません・・。

2.美的センスがあるか、自分と合うか

いくら形成外科学を学び、病院で経験を積んできても、美容整形は「美しさ」を求めるものですから美的センスがないとバランスの整った顔になるためのアドバイスができないと思うのですよね。
実際、様々なクリニックの症例写真を見ていると全然美しくないのに、「成功です!」と堂々と症例写真を掲載しているのを見たことありませんか?これは、美的センスの「欠落」またはあなたと合わない「不一致」だと思います。

長くなりましたが、美容整形の医者で優秀というのは
形成外科の勉強をしてきて、かつ美的センスがある(自分と合う)ことだと考えています。

③責任感をもっているか

責任感のない医者なんていないと思うので、「相対的に」あるかどうかの話をします。
大手チェーン店でもし失敗したとしても、他にいくつも店舗がありますし、他に何人も医者がいますし、症例数もごまんとあります。少し悪い噂を立たされようが、多大なCM広告などでそんなのは掻消せます。すでに失敗された誰かの声は、新たな被害者の耳に届くことなく、新しい客は毎日足を運んでくるのです。
そんな環境が整った大手チェーンでは、医者の立場で考えて責任が軽いと言えます。

④アフターフォロー

こちらも③と同様のことが言えて、失敗してしまった客(患者)に対して、しっかり対応しようがしまいが数千いる客のうちのひとりがクレームをつけようが痛くも痒くもないのだと思います。
多くのチェーン店では、「整形失敗されたじゃないか」等のクレーム対応はクレーム対応部隊(弁護士等)がいて、医者は直接担当しないそうです。

 

【2】カウンセリングは医師がやるか

大手チェーンを選択肢から消せば、こんなクリニックも少ないと思うのですが。
大手でなくても中堅規模?のクリニックでも私は経験しました。カウンセラー?的なstaffが出てくるんですよね。

最初にカウンセラーの若い男に「どんな風になりたいか?」とか一通り聞かれて。

私の場合は、聞きたいことリストを用意していたのでそれをそのまま渡して(笑)。でもそのカウンセラーは別に目の手術に詳しくないんですよwww

だから私がこういうメリットがあるから全切開を希望しているんです、とか説明しないといけないwまじで時間の無駄ww
そのうちに指名していた医者が入室しました。そしてその医者にまた一から話をしないといけないんですw無駄すぎwww

その医者もネットでは好評価でしたが、私はどこがいいのか分かりませんでした。小さいクリニックと比べるとカウンセリングに親身さがかけらもなかったです。

他院でできないといわれたことも全部「大丈夫できるよー^^♪」しか言わないしそれが逆に不信感。私は会社帰りにカウンセリングに行って、私の目にはつけまつげがついていました。つけまを外して見てもらおうとすると「外さなくても大丈夫よー^^」みたいな感じでした。
そして5分ほどでその医者は退出し、カウンセラーが「あの先生は神の腕だから」的なオカルティ~なこと言ってきた。わたしは仕事柄、無根拠・ノンロジックな人無理です。

話がそれましたが(笑)執刀医でない相手とカウンセリングしないといけない理由ってなんなんでしょう?
完全にクリニック側の都合だと思うので、そういう体制をとっている時点で除外です。


【3】形成外科を学び、勤務経験があるか

前述の通り、かなり重要だと思っています。
形成外科を学び、事故にあった方などの顔を直しているうちに美容外科にも興味が湧いた・・などは一貫性があって受け入れられるのですが。
麻酔科などを学んでいて、突然「美容外科クリニック勤務」みたいな医者は、儲かるからとかモテるからとかチャラめの理由でなったんじゃないかなと私は感じてしまいます。(本当のところは知りませんが)

【4】執刀医は医院長等の責任ある立場か

理想は開業医です。親がつくったのを引き継ぎました的なのでもなく、自分の腕でやってきました系の開業医です。そして医院長みずからメスをとり、執刀してくれるクリニックを選びましょう。
この時点で、個人経営のようなクリニック・医院に絞られてきます。

医院長がひとりでやるのであれば、そのクリニックの評判=自分の腕前になりますから、腕前がよくないとそもそも客は集まりませんし、たった1回のミスが起こす評判への悪影響が大きく責任重大です。

【5】執刀医が年取っているか

これは賛否両論あると思いますが、私は経験豊富という意味で歴が長い医者の方がいいと思います。
できれば何十年単位で経験されている医者の方が信頼します。理由は自分が執刀した患者の「何十年後」を経験しているからです。

若い医者は「こんな顔が流行り」などの美的センスに優れているかもしれませんが、自分が執刀した患者の未来(何十年先にどう劣化するか等)をまだ知りません。もちろん教科書の中で見たり、聞いたりはしているかもしれませんが、実際に見たことも会ったこともないのです。

【6】施術方法などについて考えを発信しているか

発信していること自体はブランディングのひとつだと思うので、なんのアドバンテージにもならないのですが。
いち医者として、様々な施術に対して見解を持ち、自論を患者が見れる状態に開示するということは信頼感が増しますね。施術方式の詳細に言及して、なぜいけないのか等を医者として語っているということです。

ブログも同じ成功事例写真を何度も何度も繰り返し転用しているのはただのブランディングですね。患者からもらった土産の写真とかなんの参考にもなりません。

そうではなく「この患者にはこういう考えがあってあえてこうした」「こうする必要があった」等、またブログ記事の中で自分の非を認めている医者も見たことがあります。そういう行為はとても勇気がいることですし、医者として誠意があるなと感じます。

 

 

【7】妥当な価格か

こちらも賛否両論ありますが、私個人的にはカウンセリングでお金とるなんて金にガメツイと思ってしまします笑。

カウンセ無料のチェーン店がいいということではなく、個人院かつカウンセリング無料のところは、本当に営利目的ではなく、患者のことを考えているのではないかなと感じます。
優秀で人気な医者の30分をいただくことが、数千円〜数万円の価値があることくらい承知しますがそこでお金を取らない医者が、医者としてちゃんとしている感じがするんですよね(笑)

似たような話で、手術日を決めてからのキャンセル料がおに高いところもあまり好きじゃないですww金の亡者って感じがしちゃうんだよな( ´_ゝ`)ノ

カウンセリング料金の他にも、手術費用・麻酔費用・血液検査費用等は10クリニックくらい調べてれば相場が分かってくると思います。その相場から明らかに安すぎるのは、誇大広告のチェーン店の手法なので良くありませんし、かといってぼりまくりもそのクリニックの営利の出し方だと思うのであまりいい印象は持ちませんね。

以上です。
完全に独断と偏見で書きましたw

よろしければ参考にしてください^^*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。