鼻プロテ手術までのスケジュール

 

私の場合もう

「この日に手術をして

ダウンタイムは術後1週間!」

と先に予定を決めてしまっていて、

会社でもらっている休暇日程を

動かせなかったので、

 

希望手術日にあわせて

急いでいました。

 

 

 

カウンセリング回りで

遠回りしすぎて

この先生に出会えたのは

手術日の2週間半前ww

 

カウンセリングで無事に

「ここだ!」と思えたのも

束の間・・・。

 

 

 

鼻にすでに入っている

ヒアルロン酸を手術までに

溶かさなければいけません。

 

ヒアルロン酸は通常、

溶解注射を打てば2−3日で

溶けると言われています。

 

ではプロテ手術の

2−3日前に溶解注射を打てば

良いのかというと、

ここは先生によって

考え方が異なります。

 

 

手術の2−3日前に溶解注射

受けにきてくださいね〜

という呑気な先生もいるし、

 

先生によっては2週間前までに

溶かしておいてください

という先生もいます。

 

 

「なるはやで溶かしておいて」

という先生の思惑としては、

1回の注射で溶けきらなかった

場合に手術当日だと

間に合わないからですね。

 

 

 

そもそも「溶けてなくても手術してよ」って私は思っていたんですが(笑)

 

今の先生に言われたのは

「溶けきってなくても、手術は強行実施できなくはないけど。

それで手術しても、そこからプロテが溶けて結局希望通りの鼻に仕上がらなかったら、意味ないでしょ」

って。

 

まあ当たり前っちゃ当たり前なんだけど(笑)

 

たしかに

▪️ヒアルロン酸→1回7万円で半年有効

▪️シリコンプロテ→30万で10年有効

と値段と付き合う期間が大きく異なるので

どうせ手術やるなら、

きちんとヒアルロン酸を溶かしてから

自分の希望通りの鼻にできるだけ

近づけたいなと思った。

 

 

さらに私がお願いした先生は

オーダーメイドプロテーゼで

術前にレントゲンをとってプロテを作成してくれる手術でした。

レントゲンから手術日まで1週間は必要とのことで、

さらにヒアル溶解注射を1度打って

2回目打つまでに間を1週間あけないといわれ、

カウンセリング当日からすでに日数が足りない・・汗

 

 

スタッフのお姉さんと先生に協力してもらって、無理くりスケジュールをねじ込みましたw

 

以下スケジュールです。

 

カウンセリング

↓ 3日後

ヒアル溶解1回目

↓ 3日後

ヒアル溶解2回目

↓ 1週間後

レントゲン

↓ 5日後

手術日

 

※たまたま先生のスケジュールと予約に空きがあり、無理くり調整した私のスケジュールは全然参考にしないほうがいいです!w

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。