♡これまでの振り返り♡ 鼻プロテ

整形前の鼻の高さ

▼整形前(ヒアルロン酸溶解後)

 


理想のなりたい鼻イメージ

(整形前の写真をアプリで加工し作成しました)

ポイント

  • 目と目の間がもっとも窪んでいる
  • 目と目の間を始点として鼻筋が始まり、軽度のハンプ(鷲鼻)があり鼻先までなだからな曲線

 


逆に「なりたくないNG鼻イメージ」

▼ハンプ(鷲鼻)が大きすぎる、目立ちすぎる

※男性の鼻のよう

 

▼目と目の間の高さを出しすぎて、始点が曖昧

※モアイ像っぽい?

 


↓そして手術↓


ダウンタイム経過ダイジェスト

鼻筋オーダーメイドシリコンプロテーゼの手術後から、ダウンタイム経過記録♪

 

いかがですか!?

 

 

 

 

いやいや角度が違いすぎて比較できないwww

とみなさんお思いでしょうw

 

 

 

 

 

 

 

私にもよくわからないwww

 

 

トリミングしすぎ問題もそうですが、鼻って写真撮る角度によってこんなにも雰囲気違ってしまうんですね。。!

 

 

頑張って撮ったんですが、限界でしたw

目の二重手術のときは経過写真をお伝えするのがラクでしたが、あらためて立体物の難しさを痛感しました。。

 

結論、私の場合、大して腫れず内出血もほぼ出ずのダウンタイムでした笑!

 

 

 

自分的にこの仕上がりは、うーん。

  • うっすら控えめな鼻筋が現れた
  • 屋外等の明るいところにでると影のつき方が変わった
  • 斜め横からの自分の顔が好きになった

 

つまり、写真写りがちょっと良くなる程度の変化だった笑

 

正直、すごく気に入っているわけではない。

やっぱりヒアルロン酸(クレヴィエル)時代と比べてしまうと、あちらの方が鷲鼻デザインは完璧だったし、高さもいい感じだった。

 

 

今回プロテーゼは別のクリニックの全く別の先生にお願いしたから、「ヒアルロン酸のときと同じで」というオーダーをしましたが、全く一緒という結果は得られませんでした。

 

 

《不満なところ》

  • 高さがそもそも足りない、やっぱ3mmほしかった
  • 鷲鼻感もやや足りない
  • 鷲鼻から鼻先までの間が一度窪んでおり、団子鼻が目立つ

 

こんなところです。

 

 

お気に入りレベルは、

ヒアルロン酸>プロテーゼ>手術前

って感じでした。

 

でもヒアルロン酸は定期的に打ち続けなければいけないということを考えると、プロテーゼは10−20年はこれをキープしてくれると思うので、まあよしとするよね。

 

 

 

自分の中で、奇形顔になってしまったときを除いて、

やり直しは100%ありえないので!!!

この仕上がりを受け入れて前向きにいこうと思います^^;

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする